AERA GROUP

アエラグループとは

世界中が抱える問題の中には、私たち一人一人で解決するにはあまりにも大きくて何もできないのではないか?と思ってしまうものもあるかもしれません。
そこで私たちアエラグループは2015年9月の国連サミットで全会一致で採択されたSDGs(持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標)、を実践すべく地方地域における問題解決と継続的発展のため、中小企業も個人も国も団体も関係なく、それぞれがお互いの強みを活かし、国際目標17番目に基づいたパートナーシップを組み目標実現を目的としたグループとして活動をしております。

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

SDGs
アエラグループ
アクションプラン

パートナーシップを基にした、持続可能な地方創生に向けた先導的取組を実施。

SDGs アエラグループアクションプラン

SDGsを推進するための主な取組一覧

  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
    • 株式会社アエラオフィス
    • 株式会社アエラリゾート
    • 株式会社アライン
    • 4.4社内外含め地域を対象とした企業支援及び働き方などの知識などを共有できるイベントを開催する
    • 4.7SDGsに関する社内教育と実践状況の報告会を定期的に実施する
    • 4.A障害・福祉教育へ寄与できる保有インフラの提供を行う
    • 5.52030年までに女性管理職を50%まで引き上げる。
    • 5.Cジェンダー平等に関する専門家を雇用又は委託し、社内規定など運用改善を行う。
    • 6.B水質に関する地域イベントへ参加
    • 8.2企業間連携を図り、地域に対して新たなサービスを提供し、2030年までに運用を確立
    • 8.8福利厚生に拡充と働き方改革のを促進する
    • 12.8社内教育の一環としてライフスタイルに関する講習会などへの参加の義務化
    • 16.2業務を通じ、虐待などの暴力行為防止に関する啓発を社員教育として行う
    • 17.17企業・医療・福祉との連携を通じ上記目標達成の方法と手段を構築する
    • 社会福祉法人ライズウィン
    • 特定非営利活動法人
      Be Happy
    • 4.42030年度までに一時預かり事業の拡充と保護者の実費負担を公立比30%を減額する
    • 4.7SDGsに関する社内教育と実践状況の報告会を定期的に実施する
    • 4.A障害(診断前園児を含む)を持つ園児の受入の拡充と地域社会への周知を行う
    • 6.B水質に関する地域イベントへ参加
    • 8.2企業間連携を図り、地域に対して新たなサービス(在園中のオンライン診療など)を提供し、2030年までに運用を確立
    • 8.8福利厚生に拡充と働き方改革のを促進する
    • 12.8社内教育の一環としてライフスタイルに関する講習会などへの参加の義務化
    • 16.2障害・福祉を通じ、虐待などの暴力行為などの早期発見と対応策の上乗せ基準を設け、地域への啓発に努める。
    • 17.17医療・その他企業との連携を通じ上記目標達成の方法と手段を構築する
    • (仮称)石橋耳鼻咽喉クリニック
    • (仮称)高橋調剤薬局
    • 4.4パートナーシップ及び地域社会に対して予防医療などの指導講演を行う
    • 5.Cジェンダー平等の推進、規定などの導入
    • 6.B水質に関するイベント参加
    • 8.2企業間連携を図り、地域に対して新たなサービス(オンライン診療など)を提供し、2030年までに運用を確立
    • 8.8福利厚生に拡充と働き方改革のを促進する
    • 12.8社内教育の一環としてライフスタイルに関する講習会などへの参加の義務化
    • 16.2医療を通じ、虐待などの暴力行為などの早期発見と対応策の防止を定める
    • 17.17福祉・その他企業との連携を通じ上記目標達成の方法と手段を構築する